日米の歯科医師免許を持つDr.小島が、世界水準の歯科審美治療をご提供します。

〒107-0052 東京都港区赤坂2-22-15 赤坂加藤ビル
最寄駅:溜池山王・六本木一丁目・赤坂

診療時間
10:00~18:00(予約制)
休診日
日曜日・祝日・隔週の月曜日・木曜日

ご予約・お問合せはこちら(日本語)

03-3584-2277

インプラント治療

当院のインプラント治療 ※自由診療

まるで天然の歯のような見た目と
よく噛める点がインプラントのメリット。

歯はなくさないに越したことはありませんが、もしもなくしてしまったら、「インプラント治療」という選択肢があります。

インプラントは、天然の歯のような見た目と、天然の歯のように何でも不自由なく噛めるといったメリットがあり、近年人気が高まっている治療です。

なくした歯を補う治療には、インプラントの他にも「ブリッジ」や「部分入れ歯」がありますが、これらの治療は両隣の歯に負担をかけるという問題点も・・・。インプラントは、他の歯に負担をかけずに治療ができる点もメリットです。

こちらでは当院のインプラント治療についてお話ししていきます。

インプラント専門医・歯科麻酔専門医と
専門家チームを組んで治療します

院長と専門医がチームを組んで
治療を行っています。

あごの骨にインプラント(金属製の人工の歯根)を埋め込む手術が必要なインプラント治療は、高度な技術が必要です。しかしながら近年のインプラント人気で、経験の浅い歯科医師がインプラント手術を行うケースが増え、重大な事故も起こっています。こうした事故はマスコミでも大きく取り沙汰されました。

当院では、安全なインプラント治療をご提供するため、「インプラント専門医」の資格を持つ歯科医師や「歯科麻酔専門医」の資格を持つ歯科医師と院長がチームを組んで治療を行っております。

「インプラント専門医」や「歯科麻酔専門医」は、学会が認定する専門資格。最新の知識と高度な技術を学会に認められた歯科医師だけに与えられます。

当院では、安全なインプラント治療を提供したいという思いから、専門医とチームを組んでの治療を行っているのです。

眠っている間に手術が終了。
静脈内鎮静で手術を行います。

手術と聞くと「コワイ」と思われる方も多いのではないでしょうか。

一般的には局所麻酔と呼ばれる部分的な麻酔をかけるのですが、この麻酔方法だと手術中も患者さまに意識があるので、「コワイ」と感じられる方も少なくありません。その点当院では、前述の通り「歯科麻酔専門医」を招へいして手術を行いますので、静脈内鎮静下での手術が可能です。静脈内鎮静とは、胃カメラの検査の時にも使われる麻酔法。半分寝ているような心地よい状態になります。意識がほとんどない状態ですべてが終了しますので、「コワイ」と感じる心配はありません。

また、この麻酔は抗生物質が含まれているため、術後の治りが早く腫れも少ないという優れものです。

どうぞ安心して手術を受けていただければと思います。

専用のオペ室を完備
感染予防対策も万全です。

専用のオペ室を完備しています。

あごの骨にインプラント(金属製の人工の歯根)を埋め込むインプラント治療は、通常の虫歯治療とは違い、傷口の露出が大きくなる治療です。そのため、細菌感染を起こしやすく、手術中は衛生管理を徹底する必要があります。

そこで当院では、インプラント治療専用のオペ室を完備。手術に使う機材はもちろん、空気や水も清潔を保ったクリーンな空間で手術を行います。

費用 価格(税込)

インプラント(1本)
(内訳)
・埋入手術費用
・上部クラウン

500,000円~

(250,000円~)
(250,000円~)

治療を行う部位、状態により多少異なることもございます。詳しくはご連絡ください。

インプラント治療の症例紹介

当院のインプラント治療例をご紹介します。

前歯2本がまるで天然の歯のようになりました。

Before

前歯が2本なくなった方です。ブリッジで治療を行う場合、両隣の歯を削り4本繋がった被せ物を装着しなければなりません。

部分入れ歯にする場合は両隣の歯に支えになる金具を付けなくてはなりません。前歯ですから口をあけると金具が見えてしまい、見た目が良くないでしょう。

After

そこで、なくなった歯の部分に2本のインプラント(金属製の人工の歯根)埋め込みました。

そしてインプラント上にセラミックの歯を装着。天然の歯とほとんど変わらない見た目を再現できました。

インプラントなら、歯ぐきのラインも天然の歯と変わらず

Before

歯を失った後、長い期間放置すると、あごの骨が溶けてしまうことをご存知でしょうか。放置しないでインプラントを埋入すると、骨が溶けるのを防ぐことができます。

After

こちらの症例では、インプラントを埋入することで骨が溶けることを防ぎ、歯肉のラインが下がることもなく、まるでご自分の天然の歯が生えているようになりました。

インプラント治療の流れ

検査

検査器具やレントゲン、CTで、歯やあごの骨の状態を調べます。

治療計画の説明

歯やあごの骨など、お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

手術

インプラントをあごの骨に埋め込みます。

被せ物を装着

インプラントの上に人工の歯を装着します。

メインテナンス

インプラントを長持ちさせるために、定期検診や歯のクリーニングを受けていただきます。